サービス案内

盆と正月が選ばれる理由

豊富な経験と知識によって、低料金なのに質の高い仕上がり

福祉リフォーム事業の前に、大工としての住宅の構造に関わっています。さらに、福祉用具相談員としての経験と、福祉住環境コーディネーター2級としての知識によって、より高齢者の方の立場にたったリフォームのご提案ができます。ご提案から施工まですべて担当するため、より安価でのリフォーム工事が可能です。

住宅リフォームには介護保険を利用できます

高齢者や障がい者の方がより住みやすくするための住宅リフォームには、介護保険を利用して、20万円を限度としてその費用の9割が支給される「高齢者住宅改修費用助成制度」での施工が可能です。
この制度により、以下の改修工事には給付が受けられます。

  • 階段や通路への手すりの取付工事
  • 段差の解消工事
  • 滑り防止のための床材の変更工事
  • 引き戸扉への取替工事
  • 洋式便器等への便器の取替工事

その他にも改修が必要と見られる工事が適用されます。
詳しくはお気軽にご相談ください。

主な福祉リフォームの種類

手すりの設置

手すりの設置

手すりの設置工事は、福祉リフォームの最もポピュラーなものとして認知されています。壁に沿って手すりを設置し、転倒などの事故を未然に防ぎます。また、介護保険を利用して、比較的安価に設置できるため、コストパフォーマンスも良いリフォームです。

段差解消

段差解消

健常者では気づきにくいですが、普段生活する中でも段差はたくさんあります。高齢者や障がい者の方にとっては大きな負担になる断裁や階段を解消するだけでも、普段の暮らしがグッと楽になります。また、車椅子を生活に導入するためにも、段差解消は重要なリフォームになります。

トイレ取替

トイレ取替

暮らしに欠かせないトイレのリフォームも福祉リフォームではポピュラーな部類になります。立ったり座ったり、生活の中でも動作の大きいトイレ。和式から洋式に変更するリフォーム工事はもちろん、手すり設置や空間を広くする大掛かりなものまで、トイレ空間そのものをリフォームするケースもあります。

浴室リフォーム

浴室リフォーム

同じく生活に欠かせないお風呂場も、水で濡れて滑りやすくなり、高齢者にとっては危険と隣り合わせです。転倒事故が起こりやすく、リフォームすることが非常に多い場所です。壁面や浴槽に手すりを設置したり、床のタイルを転倒しづらい床材に取り替えるなど、限りなく転倒リスクを防止したリフォームが可能です。

盆と正月は、名古屋市認定の事業所です

「名古屋市介護保険住宅改修費受領委任払い取扱事業所」として、名古屋市からの認定を受けています(事業所番号:7681600069)。
介護保険を活用した、住宅リフォームのご相談は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP