子どもの頃を覚えていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、小学5年生の息子と話していた。
息子は学校から帰ってくるとすぐ、任天堂スイッチを持ってゲームに興じていた。

そこで、息子に人間の造ったゲームには人間の想像する世界しか無いと話をしていました。

外に出て自電車に乗って行けるところまで行った方が、世界が広がると私は思う。

昔の話をするのは爺さん臭くて嫌だけど、私の子供の頃の話をした。

「俺が中学生の時に、30キロ離れた長島スパーランドまで自電車で行ったもんだぞ」

そこから、子供の頃の話になって、今と違う点を考えた。

私は今も名古屋に住み、生まれも育ちも名古屋市天白区です。

そういえば、子供の頃はコンビニが無かったな。

近所にコンビニができた時は衝撃だった。
何でもそろう店だ!

それまでは、文房具は文房具屋さん、本は本屋さん、おもちゃを買うならおもちゃ屋さんだった。

今では当時できたサークルKは無くなり、買い物はAmazon。

そんな、子供の頃の話を、今では亡くなってしまった、お爺ちゃんやお祖母ちゃんに聞きたい。

それは不可能な話なので私は、お付き合いのあるお爺ちゃん、お祖母ちゃんに子供の頃の話を聞きたい。

ぜひ聞かせてほしい。

それを、子供たちに伝えていきたいから。

関連記事一覧

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP