私は大学に行っていませんが何か?        名古屋市 天白区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は工業高校を卒業後、東京に本社がある関電工に入社しました。
そして1年間、関東での研修。

半年は茨城にある牛久の研修所で電気工事全般の研修だった。
それから、横浜で内線工事の現場研修。

牛久の研修所では高卒の新入社員が集められ、寮生活が最高だった。
確か研修所には、60人以上の高卒の新入社員がいて、
全寮制の学校みたいだった。
寮だから、ご飯はお代わりし放題^^

18歳で給料を貰いながら、学校へ行ってる感じだから、それはもう楽しくない訳がない。

そこで一緒だった仲間と友達になり25年以上経つ今も二人と連絡を取っている。
その二人とは、よく夜中まで語り合った。
なんで生きてるのだろうとか^^

今までの人生で最も楽しい一年だった。

そして、20代の頃は「大卒には負けるもんか!」と思って仕事をした。

その頃は、バブルがはじける直前で運が良かった。

息子が成人する頃の日本はどうなっているのだろうか?

あれ?一番に心配なのは息子たちの将来なのか?
やっぱり男はずっと働いていかなくちゃいけないからか。

現在、長男が10歳、次男が7歳。
成人するのは10年後と13年後か。
まだまだ高齢者の人口は多い状態だな。

これからの時代、大学に行くことは、お金さえあれば出来るだろう。
しかし、中途半端な大学に行くより僕のような生き方もある。

とにかく、自分の力で生きていくすべを身に着けてほしい。

関連記事一覧

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP