僕とイエロー・モンキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事とは関係ない話ですが、
僕はTHE YELLOW MONKEYというバンドが大好きです。

僕が初めてイエローモンキーの名前を聞いたのは18歳で、
就職先の研修所にイエローモンキー最高だと言っている東京出身の同期がいたのですが、
当時、イエローモンキーは有名ではなく、なんだこいつと思っていました。

その後、何年かしてラジオから「太陽が燃えている」が聞こえてきました。
たしか1996年頃だったと思う。
最初に聴いた印象は、この歌を歌えるようになりたいでした。
何というメロディアスでロマンチックな曲なんだ!
たぶん僕が二十歳くらいの恋多き少年の頃だったこともあり、
この曲がバチっとハマった感じでした。

こうしてイエローモンキーを知り、アルバム「FOUR SEASONS」を買いました。
メロディーと歌詞が絡み合って当時乗っていたスカイラインで、
むさぼるように何度も何度も繰り返し聴いていました。
その後のアルバムも毎回買って、聴いています。

そして、「PUNCH DRUNKARD TOUR」名古屋のレインボーホールに初ライブ参戦。
このライブで決定的に、吉井和哉というバンドのボーカル、ファンの中では通称ロビン、
ロビンという男のファンになった。
このライブで「SO YOUNG」を披露し、のその時のMCが感動した。
足り肌が立ったね。

それからバンド解散などイエローモンキーもいろんなことがあった。
僕にもいろんなことがあった。
結婚して子供ができて、嫁と一緒に吉井和哉のソロの時代の名古屋で開催されたライブは、
すべて行くことができた。

そして再結成
しかし僕はライブに行けるような状態ではなかった。
事情はいろいろあるが、とにかく大変な時期があり、
やっと最近になって自分を取り戻したというか、
43歳になった今、イエローモンキーのライブに行きたいと、
思うことができるようになった。
吉井和哉と言えば、12月28日、イエローモンキーの誕生日である
武道館(去年は福岡でしたが)で行われるメカラウロコというライブで、
ファンの中では外せないライブがある。
今年も開催が決定し、ファンクラブで一次先行予約をしたら、
運よく当選した!
というわけで、今年の12月28日の予定はもう決まっているので、
ご関係者の方、よろしくお願いします。

長々と書いてきましたが、書いても書いても書ききれないので、
このへんで止めておきます。
要するに僕の人生の半分ぐらいは吉井和哉と共に歩んできたという感じ。
この表現なんかおこがましいかな?

12月28日が待ち遠しい。

関連記事一覧

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP