「困っている人を助けたい」とストレートに書いたが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このホームページでしょっぱなから、
「困っている人を助けたい」と私の思いをストレートに
書いたけど、困っている人から問い合わせが全くない。
この気持ちは嘘でも何でもなく、
単純に困っている人を助けてる人はカッコいいと思うから、
自分も、そんな人間になりたいと素直に思った。

しかし、困っている人は全然電話もしてこない。
「この人、怪しい人なんじゃないか?」と思っているのだろうか?

そう思っているなら大きな間違いです。
過去のブログでも書いていますが、
「困っている人を助ける」のがカッコいいと思った原点があって、
私には裏も表もありません。

正直に商売をしているのに、分かってもらえないのは悲しいです。

裏があるとしたら、困っているのは高齢者だけではないと思っていることかな?
高齢化の問題だけじゃなく、日本には沢山の問題を抱えています。
既成概念に囚われることなく、自分に出来ることを考えています。

例えばこんなことを、下のリンクから見てください。

https://camp-fire.jp/projects/view/151433

関連記事一覧

  1. ユニットバスの改修

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP