コンセプト

誰もが「普通に暮らせる」幸せを。

困っている方を助けることが、「盆と正月」の使命です。

盆と正月は、天白区を中心に福祉リフォームを専門に、地元地域の皆様の住宅に関わらせていただいております。
盆と正月では、介護リフォームという言葉ではなく、あえて「福祉リフォーム」と言う言葉を使っています。それは、福祉の意味が理由です。
福祉とは、しあわせ、幸福、特に(公的扶助による)生活の安定や充足。また、人々の安定した生活を公的に達成しようとすることを言います。
このように、会社のコンセプトである、幸せをお届けしたいという思いと「福祉」の持つ意味が一致していることから、あえて「福祉リフォーム」という呼称を使っています。
住まう方の目線と立場をしっかりと想定・イメージし、高齢者の方とそのご家族の気持ちに寄り添って、住み慣れた我が家で、今よりもっと快適に、安心して暮らせるリフォームプランをご提案いたします。

豊富な住宅構造知識と施工技術

盆と正月の施工スタッフは、もともと大工職人。
その後、福祉用品の専門店で知識と経験を得て、現在の福祉リフォーム専門の職人に至ります。
介護・福祉に関する知識はもちろん、住宅構造の専門的な知識を活かし、お客様に最適なリフォームプランのご提案と美しい仕上がりの施工をお届けします。

住み慣れた家で暮らすことが本当の幸せ

歳を重ねて、身体が思うように動かなくなっても、家族とは離れたくない。でも、家族には迷惑もかけたくない。
盆と正月は、そんな高齢者の方のお気持ちに寄り添って、住み慣れた家をより住みやすく、いつまでも快適に暮らせるようにリフォームします。
そのため、ご相談頂いたその瞬間から、お客様のお悩みをじっくりと耳を傾け、お一人おひとりに最適なリフォームプランをご提案いたします。

専門店だからこそできる「全部おまかせ」

盆と正月は、福祉リフォームの専門店になります。
豊富な経験・知識と実績をもとにした職人目線でのご提案はもちろん、過去のお客様からのご感想やご意見も取り入れ、施工後に本当に満足していただけるリフォームをご提案いたします。
福祉リフォームは、介護保険をを利用した助成金により、自己負担を驚くほど軽くできる制度があります。
もちろん、まだ介護保険の申請ができていない方のサポートも万全。
福祉リフォームをご検討なら、盆と正月までぜひお気軽にお問い合わせください。

福祉リフォームを通して幸せをお届けします

お客様に寄り添い、お客様の目線で、お客様にとって最適な福祉リフォームをご提案いたします。
技術と知識に基づいた福祉リフォームを通して、皆様に幸せをお届けすることをお約束します。

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP