愛知の福祉リフォームはお任せ!浴室・トイレも安全~浴室バリアフリー化のポイント~

浴室は、事故を引き起こしやすい様々な要因にあふれています。壁も床も滑りやすい材質であることが多く、温度差が激しい環境にもなりやすいからです。入浴は基本的に毎日のことであるため、これらのリスクは頻繁に起こります。

こちらでは浴室で起こるリスクについてご紹介します。浴室に潜む危険性を把握し、福祉リフォームで対策を行っていきましょう。愛知で浴室・トイレなどのリフォームをお考えの方はぜひご覧ください。

浴室のバリアフリー化が必要な理由

バリアフリーを意識した浴室の手すり

余計なものがない開放感のある浴室や、広くゆったりと入ることができる浴槽。これらはすべて健常者にとっては魅力的なポイントです。しかし、高齢の方や介護が必要となった方にとっては、大きな危険に繋がることがあります。

例えば、手すりがないと転倒のリスクがあり、広い浴槽だと溺れるリスクがあるのです。そうした事故を未然に防ぐためには、浴室のバリアフリー化リフォームが必要です。福祉リフォームでは介護者も被介護者も、安全で快適に暮らせる作りにすることが前提になります。

浴室をバリアフリー化することで、リスクの軽減はもちろん介護のしやすさも向上するでしょう。

油断しがちな浴室に潜む危険

リラックス空間である浴室ですが、実は次のような思わぬリスクが隠れています。

出入口の段差

浴室と脱衣室

脱衣所と浴室の間に段差があると、足を引っかけて転倒するリスクが高まります。

滑りやすい浴室の床

濡れている浴室の床は滑りやすくなっているので、滑って転倒し、大きな怪我に繋がる危険性があります。

部屋と浴室との温度差

部屋と浴室の温度差が開いていると、血圧が急激に変動しヒートショックを引き起こすリスクが高まります。

動作を繰り返すことによる転倒

足腰が弱くなってくると、しゃがむ・またぐなどの入浴中の動作に身体がついていかず、バランスを崩して転倒する危険があります。

扉のガラスに転倒してしまう

浴室の扉がガラスであった場合、転倒してぶつかった際にガラスが割れ、怪我をするおそれがあります。

浴室で問題が起こっても助けを呼べない

浴室で問題が起こっても、なかなか助けが呼べないケースがあります。家の設計によっては部屋と浴室が離れている場合もあるため、大きなリスクと言えるでしょう。

浴室リフォームのポイント

滑りにくい床にする

つるつると滑りやすい浴室の床は、滑りにくいタイプに変更します。

脱衣所と浴室の段差を無くす

つまずきによる転倒を防ぐため、脱衣所と浴室の段差を無くしてみましょう。

部屋と浴室の温度差を軽減する

温度差を軽減するには、例えば浴室暖房を使うといった工夫が考えられます。

ブザーの設置

何かトラブルがあったときのために、非常ブザーを用意しておくようにしましょう。

浴室での事故を防ぐには危険性を知ることが大切~愛知で浴室・トイレの福祉リフォームならお任せ~

浴室でのリスクを軽減するためには何が危ないのかを把握し、具体的な対策を行っていく必要があります。ご家族で話し合い、もしもの時に備えることが大切です。

愛知で福祉リフォームを行う福祉リフォームの盆と正月では、建築・福祉のプロの視点から、バリアフリー化に関するアドバイスを行っています。浴室・トイレ・洗面所などのリフォームで、高齢者の方とそのご家族が安心して暮らせるプランをご提案します。

手すりの取付工事、浴室の床材変更、トイレの便器の取替工事には介護保険を利用できます。常にお客様目線で費用を最大限に抑える方法をご提案しますので、ぜひ一度お問い合わせください。

愛知で福祉リフォームを得意とする福祉リフォームの盆と正月

会社名 福祉リフォームの盆と正月
住所 〒468-0026 愛知県名古屋市天白区土原2丁目312
電話番号 052-890-0001
携帯電話 080-4844-0880
FAX番号 052-890-0002
事業所番号 7681600069
URL https://shougatsu.com/

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP