名古屋で福祉リフォーム~高齢者の転倒の原因・転倒を防ぐ福祉リフォーム~

大切なご家族が高齢になり、自宅室内での転倒など日常生活においても心配事が増えていませんか?こちらでは、高齢者が転倒する原因について考え、転倒防止のためにできる福祉リフォーム(介護リフォーム)についてもご紹介いたします。名古屋市近郊で福祉リフォームをお考えの方はぜひ参考になさってください。

高齢者が転倒してしまう原因~名古屋で転倒防止の改修をするなら福祉リフォームの盆と正月~

身体の機能・体調の変化

歩いているおばあちゃん

高齢になると、体力や筋力、視力・聴力などが低下することを避けるのは難しいことです。

筋力の低下による前傾姿勢、視力・聴力の衰えによる周囲の状況判断のしにくさは転倒の原因となってしいます。バランスを取ることも難しくなるために歩行のペースが安定せず、リズムが乱れて転倒につながることもあります。

また、それぞれが抱える病気のために服薬していると、副作用でめまいや眠気を感じることもあり、転倒のひとつの原因となることもあります。

環境

段差や、滑りやすい素材の床・マットなど、取り巻く環境が高齢者にとっては転倒の原因になることがあります。容易に脱げてしまうスリッパや身体に合わない歩行器・車いすを使用することも転倒を招く原因となりますのでご注意ください。

名古屋近郊で福祉リフォームを行う福祉リフォームの盆と正月では、高齢者・介護をする方の暮らしやすいように改修するお手伝いをいたします。お気軽にお問い合わせください。

転倒を防ぐためにできること~名古屋で手すりの取り付け・バリアフリー施工なら福祉リフォームの盆と正月~

高齢者の転倒は、段差という程でもない敷居につまずいてしまうこともあるため、住み慣れたご自宅でも起こる可能性があります。

少しでも安心してお過ごしいただくためには、以下のような福祉リフォームをすることができます。

段差がある場所に手すりを取り付ける

光の入る浴室

特にトイレ・浴室・階段・玄関などは段差が多いため、転倒のリスクも高まります。手すりを設置することで高齢者が自分の身体を支えやすくなり、転倒を事前に防ぎます。可能な場所には、左右両側に手すりが設置してあるとより安全性が高まります。

滑り止めを付ける

階段に滑り止めを付けることで踏み外しを防止したり、浴室の床など滑りやすい場所には滑り止めマットを敷いたりすることで転倒を防止することができます。

段差自体をなくしてしまう

転倒のリスクとなる段差自体をなくし平坦な床を作る、いわゆるバリアフリーと呼ばれるものです。

たとえば部屋と部屋の間にある境界・脱衣所と浴室の間になる段差は大きなリスクです。玄関先に階段がある場合も危険なので、スロープにすることもできます。

段差を解消することは、高齢者の転倒リスクを減らすだけでなく、介護する方にとっても動きやすくなります。

足元に自動点灯の照明を設置する

段差をなくすのが難しい場合は、足元に自動点灯の照明を設置すると便利です。自動的にライトが付き自動的に消えるので面倒がなく、暗所で高まる転倒のリスクを軽減してくれます。

和式トイレを洋式に取り替える

和式トイレは高齢者にとって使いにくく、バランスを崩せば転倒の可能性も高まります。洋式のトイレに取り替えて、更に手すりを付ければ毎日の暮らしに欠かせないトイレが使いやすく、快適なものになります。

福祉リフォームの盆と正月は、名古屋市を中心にバリアフリー・手すりの取り付けなどの福祉リフォームを行っています。

名古屋で福祉リフォームなら介護保険にも対応可能な福祉リフォームの盆と正月!

高齢者が転倒してしまう原因には身体機能の衰えや環境など様々なものがあります。高齢者の転倒のリスクを軽減するためには、福祉リフォームをしてお住まいの環境を整える必要があります。

名古屋近郊で福祉リフォームをご検討中の方は、福祉リフォームの盆と正月までご相談ください。段差解消のバリアフリー施工や、トイレ・浴室などに手すりの設置、滑りにくい床材への張り替えなどを承ります。いずれも、条件を満たせば介護保険の助成金をご活用いただけます。

名古屋で福祉リフォームをするなら福祉リフォームの盆と正月へ

会社名 福祉リフォームの盆と正月
住所 〒468-0026 愛知県名古屋市天白区土原2丁目312
電話番号 052-890-0001
携帯電話 080-4844-0880
FAX番号 052-890-0002
事業所番号 7681600069
URL https://shougatsu.com/

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP