愛知の福祉リフォーム・段差の解消は福祉リフォームの盆と正月~手すり設置ポイント~

介護のための福祉リフォームでは、段差の解消と共に手すり設置のご依頼も多いです。実は手すりの種類は多く、それぞれにメリットも異なるのです。

愛知で福祉リフォームを行う福祉リフォームの盆と正月が、リフォーム工事に役立つ手すりの役割・種類・選び方についてご紹介します。愛知で介護リフォームをお考えの方はぜひ参考になさってください。

介護における手すりの役割

部屋から部屋への移動や階段を上り下りする際に便利な手すり。福祉リフォームにおいても、手すりは次のように重要な役割を担っています。

被介護者の移動を助ける

部屋と部屋の間の手すり

被介護者は高齢や障害などが原因で、体力や筋力が落ちていることがあります。そのためちょっとした移動にも困難を感じやすいです。手すりがあると体重を預けながら移動ができるので、被介護者でも行動を起こしやすくなります。

日常的な動作を補助する

被介護者は立ち上がる・身体を支えるといった日常動作にも困難を感じやすいです。手すりに体重を預けることができれば、動作を行うときに身体への負担が軽減されるでしょう。

転落・転倒を防止する

筋力や体力が弱っていることで、身体のバランスを崩すことがあります。そのため何かあったときに身体を支えてくれる手すりは、とても心強い存在です。

手すりの種類

手すりには多くの種類が存在しますが、その中からよく使われている4つのタイプをご紹介します。

縦手すり

床面に対して垂直に伸びているI型の手すりで、主にドアの開け閉めや段差をまたぐ際の姿勢安定のために使われます。

L字型手すり

トイレに付けられたL字型の手すり

垂直の手すりと並行の手すりが合わさった、L字型の手すりです。主に玄関やトイレで使われ、立ち上がる動作を助けてくれます。

階段昇降用手すり

階段の壁に設置される手すりで、移動の際に役立ちます。

波型手すり

波型に造形された手すりで、握りやすいよう加工されています。力を入れやすいので、トイレに設置すると役立つでしょう。

もし手すりの種類に迷ったときは、縦手すりかL字型手すりが使いやすいです。シンプルな作りなので、福祉リフォームの際に選択しやすいという特徴があります。

手すりを設置する際のポイント

手すりを活用する状況を考える

廊下を歩くときや浴室・トイレでの立ち上がりなど、どんなときに手すりを活用したいか考えてみましょう。

手すりを使う人の身長を重視する

手すりを使う人の身長を考え、ベストな位置に設置する必要があります。

手すりの材質・形状

手すりの材質には、木製やステンレスなど様々な種類が存在します。握りやすい材質や形状を考えて設置しましょう。

固定タイプか可動タイプか

固定タイプか可動タイプかを選択します。可動式手すりは、使わないときは壁側に収納できて便利です。

手すりは状況に応じて使い分けることが大切~愛知の福祉リフォームで手すり設置・段差解消の安心施工~

手すりにはそれぞれの得意分野があり、状況に合った場所に設置することでメリットを高めます。握りやすさを重視するか?使い勝手を重視するか?様々な選択ができるのも、手すりの魅力と言えるでしょう。

愛知で手すり設置・段差解消などのリフォームをお考えの方は、愛知県名古屋市にある福祉リフォームの盆と正月にご相談ください。手すりの設置、段差解消、滑り防止床材への変更、引き戸への切り替えなど、介護保険を活用したリフォームはすべて自社施工で対応しています。

ご自宅で過ごしながらの施工、手すり1本の設置でも喜んでお受けします。お見積もりからプランのご提案、工事まで一貫して引き受けますので、安心してご相談ください。

福祉リフォームのご依頼は愛知の福祉リフォームの盆と正月へ!

会社名 福祉リフォームの盆と正月
住所 〒468-0026 愛知県名古屋市天白区土原2丁目312
電話番号 052-890-0001
携帯電話 080-4844-0880
FAX番号 052-890-0002
事業所番号 7681600069
URL https://shougatsu.com/

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP