名古屋で介護リフォームのポイント~住宅の風呂や手すりを改修する時期~

高齢になり自立した生活への不安はあるが、住み慣れた住宅からは離れたくないという場合は、介護リフォームがおすすめです。もしものときに生活を楽にしてくれる介護リフォームは、必要性やタイミングに迷い、導入を見送る方が珍しくありません。

介護をされる側・介護をする側、どちらにとってもメリットの高いリフォームになりますので、迷いのあるという方は一度福祉リフォームの盆と正月にご相談ください。

名古屋周辺にお住いの方向けに、介護リフォームの目的や計画を立てる際のポイントについてご紹介します。

介護リフォームの目的とは?~名古屋市からの認定を受ける福祉リフォームの盆と正月にお任せ~

介護リフォームの目的は大きく分けて3つ存在します。

被介護者による事故を未然に防ぐ

玄関の手すり

身体に不自由を抱えた被介護者は日常生活の中で頻繁に転倒してしまうケースが見られます。その場合は手すりを付ける・段差をなくすといったリフォームをすると、転倒しにくい環境を整えることができます。

自立した生活へのサポート

被介護者がいくつになっても自立した生活を送ることは大切です。そのために必要なサポートは、介護リフォームにより実現することができます。自分で歩き移動できる・お風呂やトイレが一人で利用できる。といった成功体験を繰り返すことで自信につながり、介護者と被介護者それぞれのストレスも軽減されます。

介護をする方の負担を軽減

介護は毎日の生活内で発生するため、介護をする側の負担は大きくなります。介護者にとってサポートしやすい環境にすることで、介護を行う側はもちろんされる側のストレスも軽減することができるでしょう。

名古屋市にお住まいの方で介護リフォームをお考えでしたら、ぜひ福祉リフォームの盆と正月にご相談ください。名古屋市からの認定を受けており、お風呂やトイレのリフォーム、手すりの設置といった住宅の改修に関する内容のご提案が可能です。

風呂や手すりを改修する時期~名古屋や周辺地域に対応可能~

手すりを掴む老人の手

改修のタイミングは個々により異なりますが、家族の中に介護が必要な方が現れた段階で介護リフォームを検討するといいでしょう。特にトイレやお風呂では立ち上がる動作が多いため、手すりがあると便利です。

現在、身体に不自由を感じていないとしても、年齢を重ねるごとに足腰は弱っていきます。住み慣れた環境であってもちょっとした段差で転倒する恐れがありますので、余裕のある内に考えていく必要があるのです。

介護リフォームは世代に関係なく暮らしやすい家づくりを行うため、家族の多い住宅にもおすすめです。

福祉リフォームの盆と正月では、福祉住環境コーディネーター2級の資格を持つスタッフがご相談をお受けします。リフォームの内容や費用など気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

介護リフォームの計画を立てる際のポイント~住宅改修費を活用しよう~

家庭の状況に合ったリフォームを行う

介護リフォームを行う際は、介護をする側・介護をされる側、どちらの状況にも配慮して行う必要があります。費用との兼ね合いもあるかと思いますが、住宅改修費が活用できるケースもありますので、まずは福祉リフォームの盆と正月に一度ご相談ください。

将来を見据えて考える

時間の経過とともに家族の環境が変わってしまったり、介護される方の要介護レベルが上がってしまったりといったことは十分に考えられます。現在の状況+将来的な変化も視野に入れ、介護リフォームを行うことが大切です。

介護リフォームは計画的に行うことが大切

手すりの設置や段差解消など、家族の理想に合った介護リフォームを行うためには、しっかりと計画を立てることが大切です。現在の状況だけでなく、将来起こり得る変化も踏まえ考えていきましょう。

名古屋にある福祉リフォームの盆と正月では、費用について聞いてみたいという方からのご相談も可能です。まだ時期は決まっていないがリフォームについて聞いてみたいと言った方も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

介護リフォームは名古屋にある福祉リフォームの盆と正月へ!

会社名 福祉リフォームの盆と正月
住所 〒468-0026 愛知県名古屋市天白区土原2丁目312
電話番号 052-890-0001
携帯電話 080-4844-0880
FAX番号 052-890-0002
事業所番号 7681600069
URL https://shougatsu.com/

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP