愛知で介護リフォームなら福祉リフォームの盆と正月~住宅ドアの種類と選び方~

介護が必要になったとき、自宅のドアの開け閉めを難しく感じることがあります。ドアをリフォームすることで、ご高齢の方も家の中をスムーズに移動することが可能です。

一言にドアといって様々な種類があり、その特徴も異なります。愛知で介護リフォームを手掛ける福祉リフォームの盆と正月が解説いたします。それぞれの特徴や介護向けのドアの選び方を知り、快適な介護にお役立ていただければ幸いです。

こんなにある!住宅ドアの種類とその特徴

住宅ドアには様々な種類があり、その特徴は大きく異なります。主な住宅ドアの種類をいくつかご紹介します。

片開きタイプ

住宅のドア

1枚の扉を開け閉めする、スタンダードなタイプのドアです。右開きにも左開きにも対応できます。

両開きタイプ

左右2枚の扉で大きく開口することができるタイプです。広く開閉できるので、荷物の搬入がしやすいという特徴があります。

引き戸タイプ

横にスライドするだけで開け閉めできるタイプのドアです。ドア前後の開閉スペースが確保しづらい場所に最適です。

折れ戸タイプ

蝶番で繋がった2枚1組の扉を畳むことで開け閉めするタイプです。開閉に必要なスペースが少なく、開口いっぱいにドアを開くことができます。

介護生活を快適に!ドア選びのポイント

快適な介護生活を行うためには、住宅のドアに注目する必要があります。ドアのタイプによっては移動することが難しくなるため、ポイントを押さえてドア選びを行っていきましょう。

幅の広いドアにすると安心

黒板に書かれたポイントの文字

介護を意識するならドアの幅は広い方が安心です。被介護者を抱えながら移動することや、車いすを使う場合もあります。そのためドアをリフォームする場合は、余裕をもってスペースを確保しておきましょう。

引き戸タイプのドアを選ぶ

引き戸タイプのドアは開閉する際の可動域が小さく、ドアの動きが邪魔にならないため、車いすの方でも簡単に開け閉めを行うことができます。ドアを開けることで人にぶつかることがないため、安全性も高いです。

ドアのストッパーをマグネット式にする

介護が必要な身体になると、しゃがむ動作が困難になることもあります。マグネット式のドアストッパーなら自然と引き合うので、開け閉めを行う際に便利です。それほど力を使う必要がないため、ご高齢の方でも簡単に開け閉めを行うことができるでしょう。

快適な介護を行うためにはドア選びが大切~愛知で介護リフォームをお考えなら福祉リフォームの盆と正月~

ドアの開け閉めは、介護が必要な方にとって大切な課題です。無理にドアを開けようとして転倒したり、ドアノブを回すことが難しいといった事態も起こりかねません。

事故のリスクを回避するためには、介護に注目したドアを選ぶ必要があります。なるべく力を使わず広く使えるドアを選択していきましょう。

愛知県内、愛知の名古屋市周辺で介護リフォームをお考えの方は、福祉リフォームの盆と正月にお任せください。

建築の知識はもちろん介護・福祉に関する知識も豊富で、よりご高齢の方の立場にたったリフォーム工事をご提案できます。ドア・浴室・トイレ・洗面所などのリフォームご提案~施工まですべて担当いたします。介護保険を使ってリフォーム工事の価格を抑えたい方もお気軽にご相談ください。

愛知で介護リフォームに対応する福祉リフォームの盆と正月

会社名 福祉リフォームの盆と正月
住所 〒468-0026 愛知県名古屋市天白区土原2丁目312
電話番号 052-890-0001
携帯電話 080-4844-0880
FAX番号 052-890-0002
事業所番号 7681600069
URL https://shougatsu.com/

知育玩具「POPUKO」

商品化にご支援ください

詳しくはこちら
PAGE TOP